初心者が最短最速で月収30万稼ぐ為の戦略ブログ

人生は希望と情熱で乗り越えられる!副業から独立起業を目指すリアルストーリー

せどり せどり初心者入門 ビジネス

クレジットカードが作れない!? 信用情報の確認・照会について


クレジットカードが作れない!? 信用情報の確認・照会について

 

 

credit1

 

 

何でもそうですが、ビジネスには初期投資というものが必要になってきます。

 

ラーメン屋だったら、まずは、店舗を構えなくてはならないし、
商品として提供する食材も調達しなければなりません。

 

 

それだけではなく、集客の為の広告費だったりと、
他にも掛かるお金は多々あって、まずお店を始める為に

 

 

それなりの大きな資金が必要になってきますよね。

 

 

 

ネット物販も同じで、
リアルビジネスに比べたら、かなりローリスクの状態で始める事が出来ますが、

無在庫販売でもない限り、最初はやはり、ある程度の軍資金が必要です。

 

 

毎日、商品を仕入れる日々が続いてくると、仕入れ資金にも限りはあるので、

売上の回転率を上げたりしていかないと、当然現金が足りなくなる時がきます。

 

 

 

そんな時の強い味方が、支払いを先延ばしに出来る

クレジットカードなのですが、

 

 

credit3

 

そもそも、何らかの理由で、カードが作れない。

もしくは、作りづらい状況にいる人も中にはいると思います。

 

 

 

せどりに限らず、何か高額なものを買ったりする時に、

クレジットを利用する時は、必ず「信用情報」というものを審査されます。

 

 

あなたは実際に自分の「信用情報」の状況を、確認してみた事ってありますか?

 

 

下記のサイトで確認をしてみて下さい ↓

http://www.cic.co.jp/

 

 

 

CIC(クレジット・インフォメーション・センター)は、

 

カードの新規申し込み等の際に、カード会社が申請者の利用状況など、

信用情報を確認する時に照会する組織です。

 

 

携帯電話の年間割引とか、割賦販売などの契約時にも信用情報の照会・登録がなされています。

上記サイトで、自分の信用情報の状況を把握してみるのも良いかもしれません。

 

 

CICに、情報の開示請求をしてみると、クレジットカードの利用情報を確認出来ます。

契約内容や、支払いの状況などです。

 

 

そして、送られてくる審査結果の書類には、

 

 

支払いの遅延有無や、

返済状況等が記載されています。

 

その一覧の中には「経過情報」と書かれた項目がありますが、

 

「異動」

 

 

もし、こう記載されている場合は要注意です。

 

 

これは、返済日から61日以上、

もしくは、3ヶ月以上の支払い延滞が起きている状況だからです。

 

 

 

もし支払いが遅れている状況であれば、

なるべく早く返済した方が得策です。

 

また,

 

例え、支払いを既に完了していたとしても、タイムラグ等、

何らかの理由で、異動情報の記載が残っている時もあります。

 

 

 

こういう時は、ほぼクレジットやローンの審査が通らないと思って下さい。

 

 

 

「入金状況」と書かれた項目もありますが、

 

月毎に欄が並べられている箇所に、「$」マークが記載されている場合は、

安心して下さい。支払いが済み、入金確認が取れているという事なので問題ありません。

 

 

しかし、

「$」マーク以外の何らかのアルファベットが記載されている場合は、

入金が未処理という状態を示しているので、事実確認が早急に必要です。

 

 

 

素直に支払いを済ませて、異動情報が消えるのを待つのが無難です。

ただ、異動情報の記載が無くなった後でも、審査が通らない場合もあります。

 

なぜかというと、CICでも情報が消えたとしても、

そのカード会社での個人情報が残ったままの場合が結構あるからです。

 

 

 

例えば、プロミス等の消費者金融で借り入れをした後に、

支払いが遅れてブラックリストに載ってしまった場合、

 

例え、CICの異動情報が消えたとしても、

 

カード会社自体に負の遺産が残っていて、申し込みが出来ない可能性が高いです。

 

 

 

また、カード会社や消費者金融の背景には、メガバンクの存在があります。

 

 

例えば、

プロミス ⇔ 三井住友

レイク ⇔ 新生銀行

 

等というような繋がりがあります。

 

 

仮にレイクで異動情報が出てしまった場合、背景にある新生銀行にも共有された情報が

存在するので、新生銀行のカードを作ろうとしても審査に通らない。

 

という状況が起きます。CICの情報が消えた後でもです。

 

 

解決策はあるのでしょうか?

 

 

 

こういう場合は、割り切って、他の延滞の無い会社に絞ってカード申請をする他ありません。

カード会社とその背景にある関係を把握していれば、

他で必ず審査の通すことのできるカードに巡り合えるはずです。

 

 

 

しかし、それでもカードを作れない状況が出てくるかもしれません。

 

 

そんな時は、

「デビットカード」を作ってみて下さい。クレジットと違って、

 

後払いは出来ず、口座残高までの即時決済であることや、

たまにネット決済が出来ない会社があるなど、

 

 

色々、制約は受けますが、カード会社ではなく、銀行が主体のカードなので、

口座の入金確認が取れていれば、比較的作りやすいことは間違いありません。

 

以下がデビットカード主な銀行の一覧です。

 

・三菱東京UFJ-VISAデビット(三菱東京UFJ銀行)

・楽天銀行VISAデビットカード(楽天銀行)

・SURUGA VISAデビットカード(スルガ銀行)

・JNBカードレスVISAデビット(ジャパンネット銀行)

・りそなVISAデビットカード(りそな銀行)

・イオンデビットカード(イオン銀行)

 

 

ちなみに、私は、もちろん滞納、遅延などは一度もしたことはありません。

 

 

今の自分の信用情報がどのような状況にあるのか。

一度確認してみるのも良いかもしれませんね。。


-せどり, せどり初心者入門, ビジネス